2004/04/12

mind explorer

大阪でも散々遊んで帰ってきた。
味園ビルディングの住人、sound channelのオジキくんや、betalandを始め大阪の面々、元同居人のユウジ、東京からやってきたOVAスタッフ金子にForested OVAの盟友ユウスケなど濃ゆ〜い面子でした。

ところで東京に帰ってきて急激に日常に引き戻されるのを感じます。肉体的、物理的にはこのことは当り前なのですが、精神的に自分が安全な方向へ収束していくのを感じ、安堵感を覚えるとともにどこか残念な気持ちを抱きました。
自分は踊り子であり、肉体の感覚の探求者である。bodyを通じてmindにアクセスするのは僕が持つ唯一であり絶対の手段。その自分が精神的に収束していくことの意味。爆発と収束を繰り返し成長するのは道理的には正しい。ただ自分は爆発の後、爆発前の地点まで引き戻っている気がするんだ。

精神の探求者であること。
抗うのは未知なる状態への恐怖心か?安寧を求める堕落した心か?
生存を意識として持つ生き物なら当然備えているこれらの性質を克服し、人生の謎、つまり生けるものの秘密、宇宙の神秘を解き明かすべく、さらなる深遠へ。
−mind explorer



↓いいねで応援をお願いします!