2004/10/31

rebel music

夜更け過ぎに目を覚まし、Sandnormに誘われてた吉祥寺WARPへ。
dogggystyle(いつの間にかg1つ増えてない?)やその周りの集まるパーティだ。近所ってことでほぼ寝巻きで何も考えずに行ったんだが、これがやばかった。

一番大酉、朝になって始まるdoggystyleのライブは、ここ最近ライブ嫌いになっていた僕の心を完全に押し開いた(ここで言うライブは楽器ライブのこと)。巷に氾濫する(特にクラブ周りに多い)表層を流れるような、即興という名のもとに最後まで責任を持たない糞みたいなバンドとは異質のものだ。

何年ぶりだろう?MILKで感じた風の人のライブまで遡るかもしれない。風の人Takutoのキレてる時のMCを聴いたことがあるか?共通するのは、安定したベース、ドラムに、フロントマンが最高のdancerだということ。熱狂しながら醒めてること。空間を支配し、切り裂くその姿は、古くはボブ・マーリィまで遡るgreat dancerの系譜。東京の、練馬の、リアリティを体現し、世界を呼び覚ます真のレベルミュージックだ。

おれは、この目で見て、体で感じたリアルなものを信じる。

犬式web
http://www.dogggystyle.com/



↓いいねで応援をお願いします!