2004/11/22

Underground

板東太郎の誘いで荻窪駅朝10時集合、Sandnormも一緒に向かった先は埼玉県の江戸川沿いにある首都圏外郭方水路で行われる地底文化フォーラム東京ジオサイトプロジェクトの関連で、地底50mを走る巨大トンネルに潜れる貴重な機会。
いや、凄かったです。地底に降りていくというのは、どらえもんに言われるまでもなく夢とかロマンでもあるんですが(小学生の時ヴェルヌ読みませんでした?海底二万マイルとか地底旅行とか)、やっぱそういうもので覆い隠しきれない死(Thanatos)へと近づいてく行為で、単純に怖いとかではなく自己の喪失感というのがあって、それは暗闇にも共通することなんだけど、とても魅惑な体験なのです。まぁclubなんかも似たようなもんですね。

エヴァンゲリオンの庵野秀明や荒俣弘(残念ながら海外からのメッセージだけ)などのトークや研究発表。庵野監督は現在漫画家の安野モヨコと結婚されていて、その私生活をFeelYoung誌の"監督不行届"でネタとして描かれてる(なんでおれfeelなんて読んでるんだ?)。本人見たの初めてだったんですが、漫画のキャラ"監督くん"に激似でした。まぁそれって星見て、わぁ、プラネタリウムみたい〜って言うのと同じことなんですけど(笑)。あとこの二人のウェブサイトお互いの趣味が爆烈してて受けますね。オタと少女漫画、これが交わるんだから面白い。

途中退席して地上へエスケープ。そこで感じた空気、太陽の美しかったこと。やはり人間は死を意識することによって生(Eros)が沸き立つという、昔から言われている一つの秘密。

ひみつマスター、なぜなに?〜〜のひみつ。ひみつは、知識であり認識、快楽を誘発し、時空を成(制)し、魔力の源でもある。けっして共有されることはないが、シンパシックに伝導していく。共時性。(おおまかに)交感神経系。

終わった後、坂東の友人・ユズリハくんも加わり阿佐ヶ谷の焼鳥屋"とん"で食事。かなりうまかったが酒なしで2000円は食い過ぎた。
睡眠(気絶)。そして6時間で突然夜明け前に起床。最近6時間以上連続して眠れない。



↓いいねで応援をお願いします!