2006/01/24

ホリエモン・ショック

ついにですね。
六本木ヒルズ上空は報道のヘリが飛び交い、物々しい雰囲気でした。

マスコミや各界の反応も、待ってました!と言わんばかり。ライブドアの手法の是非は今後の裁判で明らかにされるでしょうが、この集団ヒステリーにも似た状況が僕は大嫌いです。

だいたいライブドア一社の不祥事で日経平均がここまで下がること自体おかしい。いったい日本のGDPの何%の話なのよ?株式市場はムードに左右されるとはいえ。

右に倣え、人の成功を妬む野次馬精神で大勢は喜んでいるけど、日本の社会全体の競争力、意識で考えればショッキングでマイナスな出来事だと思う。ライブドアを擁護するつもりもないし、ホリエモンの資質や手法には当然賛否あってしかりだと思うが。

大げさに言えば、富と権力をも振り回す生き様に何らかの夢を感じた若者にも、いや、そういうことじゃないんだというアンチにしても、バブル以降停滞してきたマインドに活力を与えた。各々のスタンスがより強固になる触媒という意味で評価をしている。

衆愚は民主主義の本質。自分も含めてそこから逃れることは難しい。
とはいえ、意識は持ちたい。



↓いいねで応援をお願いします!