2010/06/29

ワールドカップ雑感

深夜のワールドカップ放映のおかげで、生活リズムが狂いまくりのこの頃、、、
決勝トーナメントへ進む16チームも決まり、 日本もいよいよ佳境です!

印象に残った試合やチームなどを振り返って。

○ガーナ
アフリカ勢唯一の勝ち残り。ブブゼラって大音量だけどどっちの応援か伝わらないし、どことなくアウェー感が薄いのがアフリカ勢苦戦の原因?
注目したのは、昔オランダユース代表で出てて、宇宙レベルのスピードと突破力に日本ユースが文字通りずたずたに切り裂かれたクインシー・オウス=アベイエ。(その時の動画ブログ
この人も書いてるけど、10代で世界トップに上り詰めると確信させるだけの才能を食い潰し、流れ流れて母国ガーナ代表に戻ったクインシー。
交代出場で時折見せる一瞬のスピードはいまだに異次元ではあるが、チームともフィットしてないその姿は、なんとも物悲しい。サッカーが集団競技じゃなくて、1on1選手権だったら間違いなく世界一だったろう。


○アルゼンチン
メッシの無人の野を行くが如く突破力、バランス感覚もさることながら、フォワードも強力だし、ディフェンスもいい。ブラジルと共に、世界レベルの中でもず抜けた2チームだなぁって感じました。


○ドイツ・イングランド
華麗さや優雅さを感じさせるプレイはないけど、堅くて強いダイレクトなサッカー、勝手な命名だが魂(だましい)系、精神力も含めた強固さを感じる2大強国。
若干22歳のエジルってとてもいい選手ですね。ドイツサッカーに変化をもたらし、次のアルゼンチン×ドイツも凄い対戦になりそう。


○韓国・ウルグアイ
惜しくも負けましたが、アグレッシブな攻撃姿勢は世界レベルにあることを示した韓国。
世界トップとの差は決定力と、DF陣かな。ウルグアイのスアレスやオランダロッベンのゴール見ると、空いてなくてもほんの僅かな穴を通して決めてくるもんね。
ウルグアイも寄せと展開がものすごく早く、つええと思った。


○日本

この上なく美しい軌道を描いて、日本を決勝トーナメントへと導いた一撃。
魂からの咆哮。

この時期まで夢を見れることがとても嬉しい。
本田のインタビューを聞いていると、明鏡止水というか、とてつもないプレッシャーを超えた境地にいることが感じられ、頼もしい限り。
大久保・松井含め攻撃陣のメンタリティが今までの日本とまったく違い、日本のムラ社会の中でやっているだけじゃ、こういう意識ってなかなか生まれないのかなぁって思いました。
DF陣とボランチの連携も成熟しつつあり、高さも決して負けていない。


もしパラグアイに勝てたら、、、
次はスペイン×ポルトガルの勝った方!世界が注目する決勝トーナメントで、こんな強国とがちでやれる喜び。
さらにさらに、万が一勝てたら、、、、アルゼンチン×ドイツの勝者と!!!

鼻血が出そうなんで妄想はここら辺でやめておきますが、新システムと日本選手の技術・組織力が世界強豪にどこまで通用するか、とことん見続けたい!

頑張れNIPPON!!!



↓いいねで応援をお願いします!