Livingroomの成立ち


23時のLiving Room、
漢は、熱々のイングリッシュティーを啜りながら、
妄想や思いつき、くだらないアイデアを思い出し、独りほくそ笑んでいる

漢が産まれた旧石器時代から考えると、
ずいぶん遠くに、そして異なる環境へきたものだ

(ふむふむ。ここまでよく身を隠してこれたもんだわい)



齢にして40過ぎ
平成の世に戸惑いながらも、漢は家を手に入れ、
現代人とのハーフとなる子種を授かる
子の寝顔を拝むことは、いまでは僅かとなってしまった漢の安らぎだ


得体の知れぬ活動に日々を費やしている漢の半生は、
世の中の大勢と同じようでいて、どこか異臭を放つ
漢の気づかぬところだが


漢は筆をとる。
価値があるのかないのかはわからないが、
原人としての誇りか、漢という存在の証明か、
ありのままの思いを書き記しておこうと思った


ある時は夏休みの日記のような壮大さで、
ある時は北方謙三のごとく叙情的に、
そして自分への備忘録として・・・



読んでくれた方へ、
多謝!!
この場を借りて御礼申し上げます。