2004/10/26

落合中日、50年ぶりの日本一の夢ついえる

3勝3敗で迎えた日本シリーズ最終戦。7-2で負けてしまいました。勝負のあやというのは何気ないところに転がっているもので負け惜しみになってしまうので記述は避けますが、シリーズを通して西武の方が普段通りの野球が出来ていたということでしょう。勝敗を見ると4-3で競っていますが中日らしい守備と中継ぎの力で凌ぐ展開というのはなかった。逆に西武の得意とする打ち合いに持ち込まれてしまい、勝った試合でも何か落ち着かない気持ちを覚えました。中継ぎの必勝リレーで競り勝った試合が一つでもあれば最終戦の結果は違っていたかもしれません。

あとは短期決戦特有の徹底マークがお互いなかったこと。野村・仰木や森などのシリーズ巧者たちは、相手の中心となる打者(イチローなど)を球場の内外で徹底的に揺さぶり、潰す覚悟で厳しく攻め続けました。もしくは徹底的に避け続けました。そしてそれを乗り越える中心打者という構図があったんですが、今シリーズではそれはなく、ほぼノーガードの打ち合いだった気がします。
そういう意味では、レベルの高いシリーズとは言えないかもしれないけど、試合内容は白熱して久々に見る面白いシリーズだったと思います。

落合監督には、この時期まで1球の行方に一喜一憂できる幸せを感謝せねばなりません。またこれで、明日から来年の日本一へ向けての戦いは始まります。何が出来て何が出来なかったのか一から検証して、来年もまたこの舞台に出る資格を得られるよう頑張ります、っておれ監督じゃないって(笑)




↓いいねで応援をお願いします!