2004/06/02

世界で戦うために

夜更ししてサッカーを見ています。夜更しって言ってもクラブ行ってたりする時の方が朝帰りだったり全然遅いんですが、なぜか家での夜更しの方が気分を味わえるんですね。暗闇の中で音をほぼ消してTVの画面を見つめている自分の姿は、むかし子供部屋から階段を下りて居間へ行った時に見た母親の姿とダブります。

さて、試合はイングランド対日本、しかも相手のホームでEUROを控えたベストメンバー相手に行われるという大変貴重なもので、世界の強豪とどこまでやれるのか、何が足りないのかを見極める絶好の試金石となった。
前半序盤〜中盤にかけて、一方的に押し込まれクリアするのが精一杯。GKのミスからオーウェンに早々と決められる。その後イングランドが抜きだしたのか、日本が開き直ったのか、日本が積極的に仕掛ける場面が増え攻勢が続くが決められず前半を終える。
と、ここまでは反省点も多く、日本が世界で戦っていく上での主に精神的な部分での課題がたくさん浮んだんですが、打って変わって後半は押しまくってましたね。
きれいな展開の中で小野のゴールも生まれて同点。判断やプレーのスピードも上がりほぼ一方的に攻め続けました。相手が怪我を恐れて積極的にチャージに来なかったこともあるけど、ここ最近のA代表ベストゲームではないでしょうか?ベッカムも顔に色なしてなかった。

技術的なことはもちろん及ばないこともあるんだけど、それより精神的なことが大きいと思いました。1対1になった時の精神力の勝負。感覚の鋭敏さ。スポーツは人間と人間の関係があらわになるから好きです。

イングランド 1−1 日本(マンチェスターシティ・スタジアム)




↓いいねで応援をお願いします!