2018/03/12

3.11 14:46 その時あなたは

3.11から7年。
子供たちを連れて訪れた近隣の小学校のお祭りにて、2:46祈りを捧げました。
なーんもない平和な日常のありがたさと、その日常が突如引き裂かれた人々に想いを馳せて。


そして帰宅後〜明日の明朝まで、我が家では電気をストップした生活を始めました。
被災者の心持ちを体験する中でこどもたちにも不便さや暗闇を感じてもらいたかったのと、自宅の防災体制のチェックも兼ねて。

すでに陽も傾きかかってる夕暮れ前。それは明かりの確保から始まった。


そこで気づいたことを10個、箇条書きにして残しておこうと思う。


1.明かりがない! 電池がない! 
 
明るいLEDのヘッドライトやランタンなどどこへ行ったのか?
暗い白熱球ヘッドライトに、一部LEDライトで過ごすことに。。
一軍扱いの照明ほど、何かの折に持出ていて所定の場所で見つからず。
その他、電池入れっぱなしで液漏れしていて接触不良、残量ある電池とないものが入り混じって焦る、、など。
うちはキャンプ道具が揃ってるから〜なんて余裕かましてるアナタ!要確認ですよ〜


2.ろうそくがない!

残量に限りある電池よりもろうそく!と思ったが、これもどこいったのか?大掃除の時に捨てたのかな?
かろうじてクリスマス用装飾の中からデコキャンドルを見つけ出した。
でもこのねじりろうそく、一晩持つかな〜?



3.カセットコンロ万歳!

非常時気分を楽しもう!ということで、こどもリクエストで豚肉とたらこ、2種類のパスタをつくることに。暗闇の中の調理も気分が盛り上がる!
でもこれ、断水しなければだよな〜
ボンベは余裕持ってストックしとこ


4.子供の不安定

暗闇の中ミニカーレースを繰り広げたり、大はしゃぎだった姉弟。
途中から急に怖くなってきたようで、暗闇に対してしきりに怖がり、どこ行くにも付いてくる始末。ちょっとしたことで泣き喚いたり落ち着いたり感情の起伏が激しくなる。
子のテンションに引きづられると親も焦りやイライラが募るし、意外に重要なポイントと感じた。
娘が言ってた「家族全員が揃うと不安が半分になる」は実感こもった言葉だった(この日は途中から妻所用で不在)


5.充電関係

携帯に限らず、巨大なモバイルバッテリー替わりになるPCも日頃から満充電を心がけたい。テザリングに必須のUSBコードがバッグに入ってなくて焦る。
暗い中、あれ携帯どこ置いたっけ?も頻発。鳴らしてみて〜も使えないので、肌身離さず持っておこう。


6.ラジオ!この世に音楽があること

ラジオから流れる放送は、孤独な時間を他にも生きて共有している人がいるんだと勇気づけられた。これがなかったら子供たちはパニックだったかも。
そして音楽がいかに人を奮い立たせるものか。
どんな苦境にあっても感情が沸き立ち、思いを馳せ、意識を飛ばすことができる最も頼りになるメデイアだと思った。音楽ありがとう!!
でも電池式ラジオ、単2が6本だよ、、、予備に手回し式もオススメ!



7.水のこと

首都直下地震が起きた場合、断水する可能性は高い。
今回のようにたっぷりの水でパスタを茹でてとか、お風呂だけは入ってというのはできない(花粉の季節だったので今回は特別に)。トイレも流せない。
我が家ではエコキュートのタンクから直接お湯を取り出す方法があるんだけど、そのやり方の再確認をしとこうと思った。家族内でも共有しておかなきゃ。
(停電中でも断水していなければ蛇口からお湯が出た。参考

  
8.温度

日頃はエアコンのおかげで20度超をキープしている我が家も、2時過ぎには17度(外気温4度)
体感温度もかなり違うし、これが真冬だったら、、、


9.怪我しない 病気にならない

大災害時、軽傷者の手当は後回しなので、自分の身を自分で守る大事さを子供たちにも伝えたい。地震が起きたらおれ裸足で超スピードで逃げるよとはやる息子に、急がば回れ。家の中も土足でいい(草履は勧めない)という話しをした。
 
 
10.モノやアタマの整理整頓 〜いざという時に

残念ながら家から別の場所に退避することもあると思う。
その時どこに行くのか?家族がバラバラだった場合にどう伝えるのか?(小学生になるとその可能性も高い)ひとりでどう生き延びるのか?どう助けを求めるのか?
持ち出すものはなにか?(僕の場合は家族の思い出写真が詰まったHDDと通帳類くらい)
自分だけではく、家族で共有しておく必要性を改めて感じた。




夕暮れから寝付くまで、子供たちにとってはわずか5時間ほどの体験だったけど、親子とも得るものは多かったと思う。

ろうそくとLEDライトに照らされてやった学校の宿題。親子でそれぞれ詩をつくって発表し合った。
日頃ならそれぞれのことをやっている時間、限りある灯りに身と心を寄せて過ごす、豊潤な時間。

備えていても、不慮のことは起こりうる。
日々の何気ない日常を、その時しかない特別な時間と味わい過ごすことが、一番大事だと思った。

たまたま回したラジオからは七尾旅人。
音楽、ありがとう!!!

2:30 ブレーカーを上げろうそくを消して、明日の炊飯器をセットして本実験は終了〜


2018/02/14

子育てから学ぶ見守り

子育てに関わっていると、今までオトナとして確立していた気になっていた価値観を覆されることがままある。

一般的に、社会や仕事場で有用とされる人間の特質として、気づいたことに対してさっと手を差し伸べたり動いたり、口を挟んだり、そんな機敏さ利発さがあると思う。
そんな人物は仕事仲間やクライアントから頼りにされ、世間一般での評価も高いのではないだろうか?自分は有用な人材という自尊心も満たされているように思う。


では、子供に対してこれをやるとどうなるか?
・求めているものを察してやってあげる。
・先回りして障害を取り除いてあげる。
・子供が探り探り喋ろうとすることをオトナの立派な言葉で言語化する。
・子供にやらせずオトナの精度がある作業を見せつける。
・子供同士で解決策を模索している時にオトナの尺度で裁く(〜順番にやりなさい)
・自分自身の経験に基づく思い込みで子供の可能性を規定する(〜こういうものだから)
など。

子供が自分で失敗にまみれながらも何かをできたという達成を得られる機会を奪ってしまい、自信が育まれない。
何でもやってもらえるという居心地の良さの中、自立心のない依存的な傾向を持つ子供に育ててしまうのだ。

どうしても第一子は親も子育て初心者なので、よかれと思って上記のようなことをしてしまいがち。親も気づいて成長していけばいいんだろうけど、そうでないと忙しい苦しい子育てが続く。
子供が親に依存している反面、親は「お世話をしている」という思いで子供に依存しているんだと思う。


「手を出したくなる、口を出したくなる時はぐっとこらえて、見守る」

そんな大事なことを、息子が通っている大きな木保育園や、保育園やプレーパーク周りの子育てセンスのある父母たちから学ばせてもらえたのは、自分にとって大きかったと思う。

きっとあなたの周りにも、この家族は楽に子供と向き合ってるな〜とか、子供と楽しそうにやってるな〜とか、子供がいきいきとしていい感じだな〜って家庭があると思う。
そんな家庭のやり方を、教えてもらったり、見て真似したり。その家に親も一緒に遊びにいくと生活が見えるのでオススメだ。

育児仲間に誘われて参加したアドラー心理学の育児パッセージもとても有効だった。子育ての心理面での目標である、1)私は能力がある2)人々は私の仲間だ と子供が思えるようにいかに働きかけるかを主体的に学べる。


そして実は、オトナ同士の関係においても、見守ることは大事なんじゃないかと思っている。
仕事において個人の有能さを発揮するのみならず、人を育てられる領域とはそういうものなんだろう。
夫婦や友人関係においても、目先の解決や快適を求める余り、成長と気づきの機会を奪ってはいないかと、最近は自問している。

そんなことを考えさせてくれる子供たちには感謝しているし、子供に何を学んだか?毎日自分に問い掛けてもいいかもしれない。




2017/12/03

子育て世代のホームオーディオ【DENON DL-103導入編】

ホームオーデイオ、子育て世代のオーディオファイルにとって、子供の好奇心から来るいたずらとどう両立させるかは悩みのタネである。

かくいう自分も子供の頃、両親の持っていたステレオシステムのレコードを、理由は分からないがすべて台無しに聴けなくした記憶があり、その数十年後、自分の息子に●万円の針を折られることになるのも因果のうち、可愛いもんである。

そんなこんなで、子供が産まれてこの方、音量的な制約もあり、自宅のオーディオ環境については諦めと妥協の交じる中、新導体の電源タップやらオーディオボードやら、真空管フォノイコの管球など、差し支えない範囲でグレードアップを図ってきたが、音の入口であるカートリッジのクオリティはいかんともしがたく、本当はこういう音なはずと勝手に脳内補完しながら聴いてきた。


子供たちも大きくなり、ある程度分別を身につけ、レコードの扱いもだいぶましになってきた頃合いを見測り、ひさしぶりにアナログの針を新調(交換)した。

放送局で長く使われ定評のあるDENONのDL-103。数年前に折られた細ーいカンチレバーのMC針だ。


これだよ!これ。
骨太の中低域に支えられた、正確で美しいサウンド。
音の密度感があって、高音も濁りや余分のないタイトな響き。
音楽を聴く楽しみが帰ってきた。

というわけで、今まで気分で使い分けてきたNight Club Eと680HPは、パーティ使用限定に逆戻り。

参考までに、少ないながらこれまでの針遍歴を記しておく。

SHURE/M44G
誰もが一度は使用する定番MM針で、一番最初に買った針。当時使用していたONKYO製の3WAYスピーカーとの相性的にハイがきつく、特にサ行のきつさに悩まされることに。低域の制動力に欠け、音も平板だったと思う。



Ortofon/Night Club E
当時ハウス系の大箱で必ずといっていいほどインストールされていた憧れのカートリッジ。シェル一体型の美しいシルエットときちんと分解された中高域の美しさに感動した記憶があるが、今比べると腰高で中高域のきめ細やかさもそこまでという印象。


Stanton/680HP
当時YELLOWの標準だった針でNightclubより重心が低い音。本当は楕円針の680Eの方が買いたかったが、2個セットで安かったので丸針のHPを購入。今でも自分のパーティの時は使用頻度が高く、野外含めタフな環境でも安定感のある鳴り。



◯使用環境
Speaker:YAMAHA/NS-1000M(30年を超えそろそろOHが必要な感じ)
Amp:小松音響研究所/真空管アンプ
Phono EQ:TRIODE/TRV-EQ4SE(球をJJ 803S GOLDへ交換)
Turntable:TECHNICS/SL-1200MK3
CD Player:DENON/DCD-1650AL


ようやく復活したオーディオ熱。ターンテーブルの下のボード、コンセントの交換、SPケーブルの交換など、これから気長に向き合っていこうと思う。


2017/11/21

生と死と

11月に入ってここのところ、大人しくしていたのには訳があって。
結論から書いておくと、今は心身ともに元気で大丈夫です。ご心配なく。。



10月中旬に7年ぶりとなる大腸の内視鏡検査を受け、盲腸の一歩手前の回腸に6mmのポリープが発見され、その場で切除して念のためと病理検査に回される。


長年の肉食生活や不摂生がたたっているのか、7年前にも1つポリープを切除して、過去に虫垂炎疑いの症状を切らずに薬で散らした経験あり。
健康そのものな僕の身体の中で唯一ウィークポイントと言えるのが大腸とアキレス腱。

2年毎に内視鏡受けてくれと言われていたのが7年も放置してしまっていた。
その間もなんとなくの違和感は感じていたのだが。

今年に入り、ビオキッズやプレーパークに関わる若き友人がガンで亡くなり、自分も受診しなきゃという思いを呼び醒まされていた。



10月末に結果を聞きに行くと、免疫染色病理組織標本作成なる詳細検査が必要でさらに10日後に来てくれとの結果。最悪の場合、悪性リンパ腫の可能性があると。
悪性リンパ腫とは、血液のガン。


可能性ありの告知を受けた瞬間、具体的で生々しい死が僕の未来を覆い尽くした。
肉体は現時点では目に見える異常を示していないのに、精神は凍りつき、恐怖で何かが崩れ落ちそうな。

それまで漠然としてしか意識してこなかった、いつか訪れるけど遠いものと思い込んでいた死が、はっきりとした形で迫っていることを感じる。
景色や感覚、思考はそれまでの日常と一変した。

帰り道の駐車場で、かろうじて買ったミネラルウォーターを飲む。ありふれた水の味や喉を通る感触も、もはやそれまでとは違う。

朗らかな秋空と陽だまりが、無性に心に沁みて、そして悲しい。
この美しく愛しい世界と、ただ一人お別れをしなきゃいけないかもしれないなんて、そんな悲しいことはない。


お別れしたくないと一番に思い浮かぶのは子供たちのことだ。
まだ8歳と5歳と幼い2人の成長をまだまだ見守っていきたい。
小学生になって中学生、高校、大学、社会人と、彼らが求める時はいつでも守ってあげたい。。



その日から、死を考え続ける日々を送るようになる。
何が自分の人生において大事で、何は大事ではないのか。

残された時間は、あと1年かもしれないし、あと10年、60年、半年、1ヶ月かもしれない。
そんな時、自分は何をするのか、しないのか。



まずは怒ること、イライラすること。これは一番の無駄でいらなかった。
できるなら美しい感情で有限の人生を彩っていたい。

そしてこだわり。こうあるべきだとか、この人や子供にこうなって欲しいなど。
これも全くいらなかった。相手や相手と自分の間に流れる空気が健やかで朗らかであるならば、それ以上望むものなどなかった。
お好きにどうぞ、と思った。

勝負や優劣、刺激的なことも望むものではなかった。
たとえ目覚ましい成長、変化はなくとも、ただただ穏やかに時間を過ごせれば、それでよい。


朝と晩、神さまと父母から連なるご先祖さまに祈りを捧げ、生かされている有り難みを毎日感じて、穏やかな一日を生きたい。

考えてみれば、それはインドで送った日々とまったく同じだった。
ガンジス河で沐浴している時に感じた安心感。
いつかここに還っていくのだという、安らぎに満ちた感覚。


ただし否応なしの死を意識しているいま、安らぎからは遠く、苦痛と恐怖に身体はこわばり、大腸の該当箇所が常にうずくようになってしまった。

ネットで病気の予後について検索したり、少しでも腸に良いことと今さら乳酸菌製品を取り始めたり。発がん性があるとされる加工肉や赤肉(牛豚)を極力避け、魚や野菜中心の食をメインに、マルチビタミンやコエンザイムなどのサプリを摂取する。


子供たちといる時は携帯は見ずに、頼まれたり誘われれば必ず付き合う。
子供にああしろこうしろも、ほとんど言わなくなった。
こうなって欲しいとか消え去り、元気でいてくれたらいい。

子供との時間以外は病気情報を中心にかなりネットを見ていたが、もし最後の一日だとしたら自分は何時間をネットに費やすつもりなんだろう?
Facebookを始めとするSNSは一切触れる気がしなかった。

音楽はよく聴いていた。
思い出が詰まった曲。ただただ美しい音。たとえ人生の最後の日でも、音楽はあって欲しい。

家をきれいに保つこと、過ごしやすく手を加えることは、残される家族へと、自分が生きている間の両方の側面で、求めているもので、作業をしている間は没頭していられた。


いく人かの近い友人には会った時に病気のことを話し、アドバイスをもらったり元気づけられたり。一人で抱えておくことはできなかった。

保育園のパパ友で、たまたま悪性リンパ腫に関する日本で最先端の研究を手がける医師がいて、その人のアドバイスには精神的にだいぶ助けられた。


幸いイベント業的には忙しい時期ではなく、家族以外の人との接触もあまり持たず、家族のこと、家のことを中心に、結果の出る10日間を過ごした。


その間、息子の小学校進学をどうするか?という問題が家族的には一番のトピックだったが、天候含めの紆余曲折、いろいろな偶然やタイミングもあって、長女が通う私立小学校に通わせたいと決めた。

もし、自分がこの世を去って子供たちが残される時が来るなら、担任の先生だけでなく、みんながみんな息子のことを知っていてくれて、見守ってくれる、そんな温かい人たちが運営する学校に、入れたいと心が感じた。


その手続きをしに学校に行った時の、校長先生の温かい対応に、心が熱くなった。
グラウンドではスプリンクラーから解き放たれる矢のような水流に狂喜乱舞する子供たち。もう冬に近い気温の中、ビショビショになって遊んでいる様が生き生きと輝いて見えて、ここは子供たちの楽園だと涙した。


この世の中は、なんて温かく、美しいんだろう。
お別れはなんてさみしいものなんだろう。



そして、運命の一日。
この日を境に、まったく違う日々が始まる可能性がある。
この日より前の自分や、自分と家族の間に流れる空気、そこには戻れないかもしれない。

前日に氏神様と思っている大宮八幡宮にお参りして、おみくじ(病気について、衰運にあるが焦らず養生しなさいと書かれていた)や御守を購入している。


病院に着き診察を待つ間。
ナースや職員のちょっとした様子や動きが気になり、不安に駆られる。
やはり、結果は悪かったのかもしれないと。。
僕の番になっても、なかなか呼ばれない。
告知の準備に時間が掛かっているんだろうか。。

名前を呼ばれ、診察室のドアを開けて、見慣れた先生の発声を待つ。。。

「ナラさん。大丈夫だった。何の問題ない」

!!!!!

その瞬間、これもまた世界が変わった。
別の意味で、崩れ落ちそうになって力が抜ける。

本当によかった。。。。

いつもの素っ気ない先生に、10日間の心境と感謝を伝え、診察室を後にする。


目に見える死のカウントダウンか、目に見えぬカウントダウンか。
心持ちは180度違うものになるだろう。

ただし、どちらにせよ有限なことに変わりはない。
やるべきことは、同じはずだ。


自分にとって大事なことに時間を使い、大事でないことに時間を使わない。
一日一日を、生かされている有り難みを感じ、感謝して生きること。
健やかに、朗らかに、穏やかに。


残り1年だったら、その行動はするのか、しないのか?
最後の一日だったら?


今回のことは、まだ死への準備ができていない僕に、神様が与えてくれたチャンスだったんでしょう。北米インディアンの古老たちのように、いつでも穏やかに死ねるように、準備を進めておけと。



大げさかもしれませんが、死生観が変わる経験でした。
とはいえ、僕も忘れ、怠ける人間です。
元気になり、また旧来の思考や反応が頭をもたげるようなこともあります。


それでも自省ができるようになりました。
今日の自分は、昨日の自分とは違います。


怠けた時、囚われた時、遅くてもいいから一歩は進めてみようと思います。
それが限られた時間を持つ命を、有効に使う方法だと思うからです。


御礼参りに再び訪れた大宮八幡宮で引いたおみくじは、第一番の大吉!!
一日一日を、幸せに生きよう!!!



花の木陰にねる様な気持ち。

神様、ご先祖様に、今日1日を無事に過ごさせて頂いた、有りがたさの御礼を申して、明日の1日を、清く正しく生き貫く事をお契い申し、お祈り申して、安らかな床につきましょう。




2017/09/13

イベントの精算についての考察

毎回イベントが終わると、精算の季節がやってくる。。

あらかじめそれぞれの払いが決まっているイベントなら粛々と振込むだけだけど、NU VILLAGEのようなムラの全体収量が出てから分け方を考えるスタイルだと、毎度アタマを悩ませることになる。
といっても、僕一人で決めるわけではないのだが。。


いろいろな考え方があるし、どれが絶対正しいという訳でもない。

それこそ平等に分けようという社会主義的?な考えもあれば、やった分だけ還元という考え方もある。持株数に応じて還元という株式会社的な発想もあるだろう。

ルールをつくるのか、コミュニケーションで決めるのか。
できればそれが4人でも、4000人でも、5000円でも5億円でも、普遍的に適用できる手法があれば望ましいんだけど、今のところ思いつかない。

すべてを俯瞰する神の眼でもあればいいんだろうが、誰が見通そうが主観はどこかに入るだろうし納得いくかは別問題。(昔は酋長や神託などの権威によって納得していたんだろう)

すべてをトラッキングして数値化していくのも理屈上明解だが、これも得心がいく結果とはならないだろう。
 

過去3年間いろいろ試してきたが、微妙な雰囲気の中、プロセスも含め得心のいく結果とはならなかった。
太古より収穫祭の喜びの裏では、こういった分配に関する会議が行われていたのだろうか?
そもそも所有という概念があるから思い悩まされるのか?

とはいえ、収入も支出もその場で行われる生活としてのムラではなく、あくまで仮想のムラなので、そこも悩ましい。




 
 
今回、NUVに関係した友人と話していてはっと気づいたのが、苦労に対して払うのではなく結果に対して払う方がクリアだなということ。

結果として何を形にできたか、そしてその評価と意味合いはどうだったか?

いかに大変だったか、時間をかけたかではなく。
 
 
その結果を出すために、どうやるのかは各自の自由だ。
100時間をかけてもいいし、2時間でやる人もいるだろう。
1人でやる人もいれば、チームでやる人もいる。


とはいえ、普遍的な方程式には程遠いようだ。
それこそそれぞれの目安や根拠を持ち寄って、契約交渉のように話し合っていくしかないのかもしれない。


そういう意味では、組織に属していない我々が、どうお金を扱っていくのか、まだ規模が小さい今のうちに、練習させてもらっているのかもしれない。

ムラ(世界)をどうデザインしていくのかの練習。
いずれきっと役に立つ。